空手パパ MAGMEの子育て日記

空手パパMAGMEです。二児の父親で30代のおじさんです。息子との空手の練習記録や日常のつぶやきなど、様々な情報を発信出来ればと思います。

【日記】2月に入りまして

あっという間に1月が終わりました。

この勢いで早く冬が終わってほしいなと願うばかりです。

今日2月2日は毎年のように雪が降るので、印象深い日でもあります。中でも、今から10年以上前の2月2日は忘れられない思い出があります。

当時高校生で山中にあるど田舎の高校にバス通学をしていました。その日は、珍しく膝の高さぐらいまで雪が降り積もり、バスもタイヤにチェーンを巻いてやっと走れるような状況でした。

通常片道30分で到着する道のりなのですが、あいにくの大雪で道路は大渋滞。高校の最寄りまであと1km程のところで、完全に停車して動かなくなりました。

最初は、今日の1限がなくなってラッキーぐらいに軽く考えていたのですが、乗車して1時間30分程過ぎて、車内の暖房が効かなくなり体が冷えてきました。その影響か、トイレに行きたくなったのですが、バスが完全に止まっているため、動き出すのをありません。

しかし、乗車して2時間が過ぎた頃、ついに限界を迎えます。周りには同じ高校に通う人たち、こんなところで漏らしたら一生の笑い者です。それだけは何としても避けたい。知恵を振り絞り出した答えは、途中下車でした。

運転手さんに、降ろして欲しいと告げたところ、こんなところで降りたら遭難するよと静止されましたが、関係ありません。静止を振り切って雪が30センチ以上降り積もる道路上に降り立ったのです。

しかし、それで終わりではありません。こんなところで用を足してはバスに乗る高校生から丸見えです。しかも、前後には渋滞の車で徒列が出来ており、前にも後ろにも行けません。そこで私は、道路脇の山中に雪をかき分けて入ることにしました。

そして、ついに人目のつかない所まで到達し、目的を果たすことが出来ました。これほど安堵感を感じたことはありません。

さて、この後どうするか。道路に戻ればさっき乗っていたバスが止まっています。しかし、どんな顔して戻れば良いんでしょうか。全身雪まみれの高校生が乗ってきたら、白い目で見られるでしょう。それは出来ない。

というわけで、高校までの残り1kmほどの道のりを徒歩で向かうことにしました。高校の先生に助けを求めることも考えましたが、お約束の圏外ということで、自分でなんとかするしかありません。雪道を只ひたすら歩きます。

そしてついに、目的地である高校に到着しました。全てのプレッシャーから開放され、涙が出そうになりました。しかし、様子がおかしい。友達も他の生徒もいないじゃありませんか。嫌な予感がしました。

すると、先生が現れて告げられたのです。

今日は休校だ、と。

 

これ以来、私は2月2日を迎える度に、当時のことを思い出すのです。

 

今年は雨でしたね☂️

今日は無事に職場に着きました😊